メニュー

ブログ | 片桐医院|大森町・梅屋敷の胃カメラ検査・大腸カメラ検査

〒143-0015 東京都大田区大森西5-23-11

  • 胃カメラ・大腸カメラのご予約はこちら
  • tel:03-3761-3948

ブログ

インフルエンザワクチン接種開始です

親カテゴリ: 医院案内 カテゴリ: ブログ 作成日:2018年10月01日(月)

本日10/1よりインフルエンザワクチンの接種がはじまりました。

風邪やインフルエンザが流行する前に接種することをおすすめしております。

インフルエンザの症状と治療

親カテゴリ: 医院案内 カテゴリ: ブログ 作成日:2018年09月24日(月)

《症状》

インフルエンザに感染すると1~3日の潜伏期間の後、38℃以上の発熱(最近は37℃台でも陽性だったりします!)と共に頭痛、咽頭痛、筋肉痛、関節痛、咳、鼻水などで発症します。おう吐や下痢など消化器症状が見られる場合もあり、小児や高齢の方、免疫力の低下している方は重症化して肺炎や脳炎になることがあります。

インフルエンザの療養中の小児や未成年者に、飛び降り、急に走り出すなどの異常行動が見られる場合があることが厚生労働省より報告されています。

 

《診断》

インフルエンザの診断には迅速診断キットを用いた抗原検査(A型かB型のインフルエンザを診断)で確認します。

陽性と出る確率は発熱してからの経過時間やウイルス量にもよりますが、最近の迅速キットは発熱後3時間以上経過で約90%の確率で陽性と出るなど感度が上がってきております。しかし陰性でも流行している状況や診察によって治療を判断しております。

 

《治療》

インフルエンザの治療は症状に合わせた対症療法が基本でありますが、ウイルスは発症後48時間程で最大限になると言われています。その前に抗インフルエンザ薬を投与することで発病期間を短縮させウイルス排出量を減少させます。

当院では陽性の患者様にはすぐに吸入タイプの抗インフルエンザ薬を吸ってもらいます。比較的早くに熱がひいていくようですがこれにより早くに人との接触が早まってしまうことが問題となっています。ウイルスは排出されているので人との接触は避ける事が大切です。

学校保健安全法では

【発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあつては、3日)を経過するまで】

と、決められています。

つまり 12/1(月)発症しても翌日から数えて5日経過が必要なので12/6(土)までは最低でも6日間はお休みするという事になります。解熱後というのも平熱になった日の翌日が1日目と数えます。

抗インフルエンザウイルス薬との因果関係は不明ですが、薬の種類や服用の有無にかかわらず、少なくとも治療開始後2日間は小児・未成年者をひとりにしないことや、窓や玄関の施錠等の注意喚起が言われています。

 

インフルエンザとは

親カテゴリ: 医院案内 カテゴリ: ブログ 作成日:2018年09月21日(金)

《インフルエンザとは》

インフルエンザウイルスによる呼吸器感染症です。普通の風邪に比べ全身症状が強く出やすいのが特徴といわれておりますが、人によっては症状が軽くても感染している場合もあり、他の人に感染させてしまうこともあるので注意が必要です。

 

《原因》

インフルエンザウイルスが原因で発病しますがA型・B型・C型とありますが人間が感染するのはA型とB型と言われております。

1年を通してウイルスは存在しているのですが、特にA型は湿度50%以下になるとウイルスの水分が取れて乾燥し空気中に浮遊され増えます。

私たち人間も寒さで体が冷えて抵抗力が下がることによって風邪やインフルエンザに罹りやすくなってしまいます。

 

《感染経路》

咳やくしゃみなどに含まれるウイルスを吸い込むことによる【飛まつ感染】が主に感染経路ですが、ウイルスが付着した手で口や鼻に触れることによる【接触感染】もあります。

11月下旬から12月上旬頃に初めのピークがあり、学校が冬休みの間はいったんおさまりますが、お正月の交流や新学期を迎えるとまた広がってしまうのがパターンのようです。もちろん冬だけではなく2009年に流行したは新型インフルエンザ(H1N1)pdm09と言われたものは免疫がない為、特に若年層を中心に冬だけでは無く夏にも流行しました。

大田区高齢者インフルエンザ予防接種

親カテゴリ: 医院案内 カテゴリ: ブログ 作成日:2018年09月21日(金)

大田区に住民登録があり、平成30年12月31日現在65歳以上の方と60歳以上の対象の方へ

区より高齢者インフルエンザ予診票が送られてきております。

自己負担額2,500円(生活保護等受給者は無料)で接種できるのはH30年10月1日~H31年1月31日までとなっております。

特にご予約は必要ありませんので体調が良い時に、インフルエンザが流行する前に接種をおすすめしております。

 

また、厚生労働省より今季インフルエンザワクチンの安定供給のため、13歳以上は原則1回接種とすることと通知されております。

13歳未満や、医師が必要と判断した場合は2回接種で問題ありません。

高齢対象者以外の方は一律1回3,500円となります。

特にご予約は受け付けておりませんので窓口でお問い合わせください。

尚、ワクチン入荷時はHP上でお知らせしていきます。

プラセンタ注射(ラエンネック)再開のお知らせ

親カテゴリ: 医院案内 カテゴリ: ブログ 作成日:2018年09月18日(火)

プラセンタ注射(ラエンネック)は品質の安全性が再確認できましたので、本日より再開となりました。

ご不便をおかけしまして申し訳ありませんでした。

大田区がん検診 他

親カテゴリ: 医院案内 カテゴリ: ブログ 作成日:2018年09月14日(金)

当院では以下のがん検診等を実施しております

◎胃がん検診:35歳以上バリウムにてレントゲン撮影=1000円(75歳以上無料)・・・H31年2月28日まで

       胃の手術歴や治療中、不調のある方は直接覗く胃カメラを実施致します。

       比較的楽に受けられる経鼻でも可能です。保険診療となります。

◎肺がん検診:40歳以上レントゲン撮影(特定健診と同時に受けられます)=500円

      75歳以上無料)・・・H31年2月28日まで

◎大腸がん検診:検便2日分キット=200円75歳以上無料)・・・H31年2月28日まで

◎前立腺がん検診:60歳65歳70歳の男性の方で血液検査(PSA)

        (特定健診と同時に受けられます)=500円・・・H31年3月31日まで

 

◎肝炎検査:40歳以上で過去に受診歴のない方で血液検査(B型・C型)

     (特定健診と同時に受けられます)=無料・・・H31年3月31日まで

 

風邪やインフルエンザが流行る前にお早めにご利用ください。

大田区長寿・特定健康診断

親カテゴリ: 医院案内 カテゴリ: ブログ 作成日:2018年09月14日(金)

大田区長寿健診(75歳以上)大田区特定健診(40歳~74歳)対象者の方へ

無料で健康診断が受けられます。少し涼しくなって来ましたので風邪が流行る前に健診のチャンスです。

最終食事時間を記載して頂ければ午後でも検査可能です。H31年3月末まで受診可能です。

 

大田区39歳以下基本健康診査

親カテゴリ: 医院案内 カテゴリ: ブログ 作成日:2018年09月14日(金)

大田区39歳以下基本健診(S54年4月1日生~H13年3月31日生)対象者の方へ

問診票記載と身長・体重・血圧測定・血液検査・尿検査等が自己負担1400円で受けられます。

生活習慣病の早期発見の為ご利用ください。所定に受診票は当院にあります。(H30年12月末まで受診可能)

プラセンタ注射(ラエンネック)一時停止のお知らせ

親カテゴリ: ブログ カテゴリ: 健康 作成日:2018年08月23日(木)

プラセンタ注射(ラエンネック)は製造メーカーからの連絡により、「薬剤の安全性を更に高めるためと品質確認に時間を要するためしばらくの間使用を停止させて頂くこととなりました。

今までにプラセンタ注射(ラエンネック)を受けている方の安全には問題ございませんので、ご安心下さい。

皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒お願い申し上げます。再開の際にはお知らせいたしますのでもうしばらくお待ちください。

 


東邦大学呼吸内科の医師による診察が行われました

親カテゴリ: ブログ カテゴリ: 検査 作成日:2018年06月12日(火)

本日は午前9時より、東邦大学呼吸内科の医師が当院にて診察を行いました。
電話でのご予約はお取りできませんので、診察をご希望の患者様は当院まで直接ご来院ください。

Copyright©片桐医院All Rights Reserved. login